アルプス子ども会 保護者とスタッフの談話室
たでくうむしもすきずき 初めに必ずお読みください…[ご利用方法]
旧「子育て談話室」[こちら]
この「談話室」は当会の参加経験がある方、または参加をお考えの方のページで、広く意見交換や助言を行う場です。
質問・提言・苦言等は構いませんが、会への連絡はここではなく事務局へお伝えください。


バーの[設定]で各自が使いやすいように表示を変えられます↓ 過去ログは全て読むことができます
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃新着閲覧 ┃親発言一覧 ┃文字検索 ┃設定 ┃過去の発言 ┃利用法 ┃ホ−ム  
21 / 191 ←次へ | 前へ→

2545/ ライフジャケットにつきまして
 でこぴん WEB  - 17/7/31(月) 20:17 -

引用なし
パスワード
   会代表綾崎です。ご参加、ありがとうございます。
毎夏、痛ましい水の事故が報じられるため、ご心配のことと拝察いたします。

川あそびは組の対象学年や経験率、その時の川の状態により場所を決めています。概ね、会期前半は太田切川の下流付近、水量の減る後半は同中流の親水公園付近を使用します。ごく一部、入門プランを除く「やまびこ村」ではもう少し上流部を使う場合があります。いずれも、飛び込みポイントの瀞(とろ)を除き、深さ20〜50cm程度の流れの緩い場所ですので、ライフジャケットを使える状況ではありません。
逆に、ライフジャケット着用の必要が感じられるような所では、大勢の命を預かっている立場の私としては、怖くて遊ばせることができません。強いて言えば、「やまびこ村」で全員着用させれば、もう少し「危ない場所」で遊ぶこともできましょうが、近年、川原を歩くことさえままならなくなっている子ども達を目の当たりにすると、躊躇せざるを得ないのが正直な思いです。
平均して子ども5〜7名に対して大人が一人入っており、また、飛び込みポイントを軸に監視者を置いて、そこではいつでもロープのついた専用救命浮環を投げ入れられるようにしています(過去に使った例は私の知る限りありません)。そして、リーダーたちは、幼児は10cmでも溺れることがあるという緊張感を胸に秘めて遊んでいます。
どうか、ご理解ください。

なお、12年前に書いたコラムですが、ご参考までに掲げておきます。
http://alps.way-nifty.com/column/2005/06/post_614a.html

376 hits
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:54.0) Gecko/20100101 Firefox/54.0@ntngno121063.ngno.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>

2543/ 川遊びについて k1 17/7/31(月) 10:24 [未読]
2545/ ライフジャケットにつきまして でこぴん 17/7/31(月) 20:17 [未読]
2547/ Re:ライフジャケットにつきまして k1 17/7/31(月) 22:24 [未読]

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃新着閲覧 ┃親発言一覧 ┃文字検索 ┃設定 ┃過去の発言 ┃利用法 ┃ホ−ム  
21 / 191 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
0

アルプス子ども会  [トップページへ]